日本橋,居酒屋

終始笑わせてもらった日本橋の激安居酒屋

面白いメニューがあったり、日本橋の安い居酒屋があることを知ると足を運びます。

 

本当は多少値段が高くても・・・と言いたいのですが、小遣いが少ないから仕方がないとあきらめて。

 

さすがに何年もこういう生活を続けていると慣れてきましたが、先日見つけた全品191円均一の居酒屋。

 

270円や280円均一の居酒屋は良く見かけるけど、百円台の居酒屋は安い!そして楽しそう♪

 

というわけで会社帰りに立ち寄ってみました。

 

 

 

ちなみに自宅での晩酌は焼酎を飲みます。

 

元々はビールを飲んでいましたが、ビールだと1日に何本も飲んでしまうので酒代が高くつきすぎると焼酎に変えられました。

 

しかも芋だの麦だののしっかりした焼酎ではなく、4リットルで2千円もしない激安の焼酎。

 

ありがたいことに、味覚が残念なことになっているのでアルコールであればそれほど味にはこだわらない。

 

そんなワケで、外で飲むときには、ほぼ100%ビールを飲み続けます。

 

 

 

話は元に戻り191円均一の居酒屋、当然のごとくビールを注文しました。

 

191円だから生小サイズかグラス程度の大きさのビールが来るかと思いきや、生中サイズのジョッキでビールがきました。

 

先に書いた通り、味覚が残念なことになっているので発泡酒であろうが第三のビールであろうが、味はわかりません。

 

これは嬉しい悲鳴です。

 

そして食べ物を注文、ここから終始笑わせてもらうことに・・・

 

 

 

目に付いた面白メニュー「うどんギョーザ」。面白い♪注文しました。

 

他には焼鳥、コロッケ、するめの天ぷら、サラダ、だし巻き玉子、刺身を注文しました。

 

 

 

まず「うどんギョーザ」。

 

包まずに、ギョーザの皮2枚でタネを上下で挟んで焼いた、UFOのような斬新な一品。

 

味は悪くない。

 

 

 

焼鳥。これは冷凍物を温めた感じ。

 

美味しくない。

 

 

 

だし巻き玉子。二切れしか入っていないので値段が安くても割高。

 

 

 

コロッケ。小皿に1個だけポンと乗っかっている。

 

自宅でご飯食べるときみたい。

 

 

 

するめの天ぷら。

 

不味い!まず味がない、衣はズワズワしていてカラッと揚がっていない。

 

自分で揚げた天ぷらみたい。

 

味覚が残念な自分でも、これは不味いと言い切れる。

 

 

 

だんだん楽しくなってきた。

 

中途半端に美味しいとかよりも、こういうツッコミどころが多い方が楽しい♪

 

 

 

テンションが上がってきたので、メニュー表を見て追加注文「自家製揚げギョーザ」。

 

店員さんに「自家製揚げギョーザ下さい」と注文すると

 

店員さん「揚げギョーザですね?」。

 

私「いえ、自家製揚げギョーザです」。

 

このやり取りで店員さん大笑い。なんて正直な人だ♪

 

 

 

さらに聞いてみる「オススメのメニューは何ですか?」。

 

店員さんは厨房に聞きに行き、帰ってきた返答が「水ナスの漬物です」。

 

「つ!つ・け・も・のーーー???」

 

大爆笑。この日は料理人が休みだったのかな?

 

 

 

そんなこんなで終始笑わせてもらって会計は一人2000円ほど。

 

思ったよりコストパフォーマンスはよくなかったけど楽しい居酒屋でした。

 

データセンターサービス
>